コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屯食 とんじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屯食
とんじき

(つつみめし) ともいわれる。平安・鎌倉時代に,貴族のふるまいのときなど,一つ一つ台に載せて庭に並べ,おもに下仕えの者に賜わった弁当。また江戸時代には公家の社会で,強飯を握り固めた握り飯のことを屯食といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

と‐じき【屯食】

とんじき(屯食)

とん‐じき【屯食/頓食】

平安・鎌倉時代、宮中や貴族の宴会のとき、庭上で下仕えの者に賜る酒食をのせた台。また、そこにのせた食物。特に、強飯(こわめし)卵形に握り固めたもの。
《「どんじき」と発音》江戸時代、京都の公家社会で、握り飯の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屯食
とんじき

「とじき」とも読む。強飯(こわめし)を握り固めて鳥の卵のように丸く長くしたもの。屯は聚(しゅう)、「あつめる」の意。飯を握り集めたもの。現在の握り飯、弁当。皇子誕生や元服などの宴のとき、庭上に台などを出して、下郎たちにも賜るもの。「つつみいい」ともいう。『源氏物語』桐壺(きりつぼ)の巻にみえる。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の屯食の言及

【給食】より

…給食の語自体は第2次大戦後一般的に使われるようになったものだが,実質的には古くから存在したはずである。飢饉のさいの施行(せぎよう)や災害時の炊出しもその一形態であろうし,平時のものでは平安期から宮中の大饗(たいきよう)などのさい下級職員たちに給付された屯食(とんじき)なども,給食の一種と考えることができよう。いずれにせよ,切り詰められた時間や予算内での大量調理によるものだけに,料理内容は低下しがちである。…

【握飯】より

…地方によっては晴の日に作り,神仏に供えるところもある。《貞丈雑記》に〈屯食と云はにぎり飯の事也〉とあるように,古く平安時代以降は屯食(とんじき)と呼ばれ,儀式や宴会のさい諸司や従者に給された。握飯を焼いたものは焼きむすびなどと称されるが,《大和本草》(1709)はこれを焼飯(やきいい)と呼び,下痢などの病人によいとしている。…

※「屯食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屯食の関連キーワード椀飯・埦飯・垸飯所狭し携帯食庭上山中酒食宮中公様碁手握飯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android