山の井(読み)ヤマノイ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐い〔‐ゐ〕【山の井】

山中のわき水がたまってできた戸。やまい。
「安積香山(あさかやま)影さへ見ゆる―の浅き心を我が思はなくに」〈・三八〇七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまのい【山の井】

山の清水をためてある所。本来普通名詞だが、志賀の山越の山の井を詠んだ古今集の「むすぶ手のしづくににごる山の井のあかでも人に別れぬるかな」の歌により諸歌学書は山城国の歌枕とする。福島県安積山の山の井を詠んだ万葉集の「安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心をわが思はなくに」の歌も知られ、この二首を本歌として多くの和歌が詠まれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま【山】 の 井(い)

山中の、湧水をたたえたところ。掘井戸に対して、それが浅いところから、和歌では「浅い」の序詞の一部としても用いる。やまい。
※万葉(8C後)一六・三八〇七「安積香山影さへ見ゆる山井(やまのゐ)の浅き心を吾が思はなくに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の井の関連情報