コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の井 ヤマノイ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐い〔‐ゐ〕【山の井】

山中のわき水がたまってできた戸。やまい。
「安積香山(あさかやま)影さへ見ゆる―の浅き心を我が思はなくに」〈・三八〇七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまのい【山の井】

山の清水をためてある所。本来普通名詞だが、志賀の山越の山の井を詠んだ古今集の「むすぶ手のしづくににごる山の井のあかでも人に別れぬるかな」の歌により諸歌学書は山城国の歌枕とする。福島県安積山の山の井を詠んだ万葉集の「安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心をわが思はなくに」の歌も知られ、この二首を本歌として多くの和歌が詠まれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山の井の関連キーワード掛け離れる・懸け離れる・掛離れる・懸離れる安積山・浅香山泉源楼うず女言種・言草松村 英一荒木田麗女ぼくぼく北村季吟入り立つ立ち出づ相川景見松村英一歳時記ません古今集山城国万葉集行く手安積山俳文

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の井の関連情報