コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の井 ヤマノイ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐い〔‐ゐ〕【山の井】

山中のわき水がたまってできた戸。やまい。
「安積香山(あさかやま)影さへ見ゆる―の浅き心を我が思はなくに」〈・三八〇七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまのい【山の井】

山の清水をためてある所。本来普通名詞だが、志賀の山越の山の井を詠んだ古今集の「むすぶ手のしづくににごる山の井のあかでも人に別れぬるかな」の歌により諸歌学書は山城国の歌枕とする。福島県安積山の山の井を詠んだ万葉集の「安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心をわが思はなくに」の歌も知られ、この二首を本歌として多くの和歌が詠まれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山の井の関連キーワード掛け離れる・懸け離れる・掛離れる・懸離れる安積山・浅香山泉源楼うず女言種・言草松村 英一荒木田麗女ぼくぼく相川景見松村英一立ち出づ北村季吟入り立つ歳時記ません古今集安積山万葉集山城国行く手俳文

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の井の関連情報