コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の井(読み)ヤマノイ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐い〔‐ゐ〕【山の井】

山中のわき水がたまってできた戸。やまい。
「安積香山(あさかやま)影さへ見ゆる―の浅き心を我が思はなくに」〈・三八〇七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまのい【山の井】

山の清水をためてある所。本来普通名詞だが、志賀の山越の山の井を詠んだ古今集の「むすぶ手のしづくににごる山の井のあかでも人に別れぬるかな」の歌により諸歌学書は山城国の歌枕とする。福島県安積山の山の井を詠んだ万葉集の「安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心をわが思はなくに」の歌も知られ、この二首を本歌として多くの和歌が詠まれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の井の関連情報