コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下徳治 やました とくじ

2件 の用語解説(山下徳治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下徳治 やました-とくじ

1892-1965 大正-昭和時代の教育者。
明治25年1月15日生まれ。成城小学校,自由学園で教師をつとめる。ソ連の教育を視察後マルクス主義教育学に関心をふかめ,昭和5年新興教育研究所を創設,プロレタリア教育の普及につくした。昭和40年7月10日死去。73歳。鹿児島県出身。鹿児島師範卒。本名は森徳治。山下は旧姓。著作に「新興ロシアの教育」「明日の学校」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やましたとくじ【山下徳治】

1892‐1965(明治25‐昭和40)
教育学者。本名は森徳治。鹿児島県徳之島生れ。鹿児島一中,鹿児島師範学校を卒業,地元小学校教師をへて,1920年東京の私立成城小学校教師となる。22年校長沢柳政太郎にみこまれ,ドイツマールブルク大学に留学,5年の研鑽をへて27年帰国。沢柳の死後,自由学園に移り,革命後のソ連を訪問,マルクス主義教育学へ関心を深め,29年《新興ロシアの教育》を刊行,30年新興教育研究所創設に参加(プロレタリア教育運動)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山下徳治の言及

【プロレタリア教育運動】より

…〈教労〉は,教育労働者の生活改善の要求を掲げる一方で,迫りくる帝国主義戦争に抗して反戦平和の教育をおしすすめた。こうした教員組合の運動と表裏をなして,同じく30年の8月に合法的文化団体として設立された〈新興教育研究所〉(所長は山下徳治)が,プロレタリア教育の理論化と普及に努めた。その機関誌《新興教育》もまた戦争反対の論陣をはり,軍国主義教育を批判し,さらにピオネール(校外児童組織)の結成を促すなど盛んなイデオロギー活動を行った。…

※「山下徳治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山下徳治の関連キーワード中沢不二雄荒木照定大迫元繁香川卓二金原作輔土岐政夫中塚たづ子林逸郎水沼辰夫宮城亜亭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone