コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下徳治 やました とくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下徳治 やました-とくじ

1892-1965 大正-昭和時代の教育者。
明治25年1月15日生まれ。成城小学校,自由学園で教師をつとめる。ソ連の教育を視察後マルクス主義教育学に関心をふかめ,昭和5年新興教育研究所を創設,プロレタリア教育の普及につくした。昭和40年7月10日死去。73歳。鹿児島県出身。鹿児島師範卒。本名森徳治山下旧姓著作に「新興ロシアの教育」「明日の学校」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やましたとくじ【山下徳治】

1892‐1965(明治25‐昭和40)
教育学者。本名は森徳治。鹿児島県徳之島生れ。鹿児島一中,鹿児島師範学校を卒業,地元小学校教師をへて,1920年東京の私立成城小学校教師となる。22年校長沢柳政太郎にみこまれ,ドイツのマールブルク大学に留学,5年の研鑽をへて27年帰国。沢柳の死後,自由学園に移り,革命後のソ連を訪問,マルクス主義教育学へ関心を深め,29年《新興ロシアの教育》を刊行,30年新興教育研究所創設に参加(プロレタリア教育運動)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の山下徳治の言及

【プロレタリア教育運動】より

…〈教労〉は,教育労働者の生活改善の要求を掲げる一方で,迫りくる帝国主義戦争に抗して反戦平和の教育をおしすすめた。こうした教員組合の運動と表裏をなして,同じく30年の8月に合法的文化団体として設立された〈新興教育研究所〉(所長は山下徳治)が,プロレタリア教育の理論化と普及に努めた。その機関誌《新興教育》もまた戦争反対の論陣をはり,軍国主義教育を批判し,さらにピオネール(校外児童組織)の結成を促すなど盛んなイデオロギー活動を行った。…

※「山下徳治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android