コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山原 ヤンバル

5件 の用語解説(山原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やんばる【山原】

沖縄本島の北部山岳地方の通称。国頭(くにがみ)地方。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山原【やんばる】

沖縄県沖縄島北半の山地の総称で,国頭(くにがみ)とも。与那覇岳(503m)を最高峰とする古生層の山地で,シイ,カシの暖帯林におおわれ,海岸には国頭礫(れき)層をのせる段丘が発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やんばる【山原】

沖縄島の北部山地の通称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕山原(やんばる)


沖縄島北部の汎称(はんしょう)。名護(なご)市・国頭(くにがみ)郡と島尻(しまじり)郡の伊平屋(いへや)島・伊是名(いぜな)島を含む。ヤンバルクイナなどの動植物名に用いられている。国頭山地は古くから木材の供給地。河川が発達し、島の水源地としても重要。国道58号などの整備で隔絶地の印象は一掃された。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山原
やんばる

国頭」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の山原の言及

【沖縄[県]】より


[沖縄島北部,中南部,先島]
 ここでは沖縄県域のうち自然や人文環境の相違により,石川地峡を境にして沖縄島の北部と中南部,それに先島の3地域について述べる。(1)沖縄島北部 名護市と国頭郡の範囲で,山岳地形をなすことから山原(やんばる)の呼称がある。緑の山地を背景にしたサンゴ礁の海岸は美しく,恩納(おんな)から辺戸岬までの海岸は沖縄海岸国定公園に指定された。…

【沖縄島】より

…狭いところは幅4km足らずで地峡部をなし,石川,仲泊を結ぶ地峡部から北と南では地質,地形に著しい差異がある。石川地峡部以北は国頭(くにがみ)郡の山岳地域で,〈山原(やんばる)〉の異称がある。名護断層を境として,西側の本部(もとぶ)半島は古生代の石灰岩,粘板岩,砂岩の地層からなる山地で,東側の胴体部は中生代の名護層,嘉陽層からなり,脊梁山地を形成する。…

【国頭】より

…したがってクンヂャンの名称は中国音に似ているがそうではなく,クニカミの変化であることがわかる。また俗に沖縄島南部をさす島尻を下方(しもかた),中部をさす中頭を田舎と呼ぶのに対して,国頭を山原(やんばる)という。これは国頭地方が山林原野に富み,交通不便で僻村が多かったからである。…

【名護[市]】より

…東部には多野岳(383m),名護岳(345m)などの国頭(くにがみ)山地があり,北西部に八重岳(453m),嘉津宇(かつう)岳などがあって,山林が市域の半分以上を占める。半島基部南側の名護湾にのぞむ旧名護町を中心に発展した広域都市で,市街地は古くから〈山原(やんばる)〉とよばれる国頭地方の行政・経済・交通の中枢の地として発達し,国道58号,329号,449号線が通じる。古くは米どころであったが,現在は平地でサトウキビ,野菜,花卉,山地でパイナップル,かんきつ類などが栽培され,羽地を中心に養豚,養鶏が盛んである。…

※「山原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山原の関連情報