コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本悌二郎 やまもと ていじろう

3件 の用語解説(山本悌二郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山本悌二郎

実業家・政治家。新潟県生。号を二峰。外交官有田八郎の兄。渡独後日本勧業銀行・台湾製糖社長・糖業連合会会長等を歴任。衆議院議員連続当選。立憲政友会に所属し、田中義一犬養毅内閣の農相をつとめた。国体明徴運動を推進した。昭和十二年(一九三七)歿、六八才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本悌二郎 やまもと-ていじろう

1870-1937 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治3年1月10日生まれ。山本訥斎(とっさい)の次男。有田八郎の兄。二高教授から実業界に転じ,台湾製糖の創立に参画,のち社長。明治37年衆議院議員(当選11回,政友会)。田中義一・犬養内閣の農相。天皇機関説を排撃した。昭和12年12月14日死去。68歳。佐渡(新潟県)出身。独逸学(ドイツがく)協会学校(現独協大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本悌二郎
やまもとていじろう

[生]明治3(1870).1.10. 新潟
[没]1937.12.14. 東京
政治家。独逸学協会学校卒業後,宮内省御料局給費生としてドイツに留学。帰国後御料局勤務を経て,第二高等学校教授,日本勧業銀行鑑定課長,台湾製糖社長などを歴任。 1904年衆議院議員となり,以来当選 11回,この間田中義一内閣および犬養毅内閣の農相となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本悌二郎の関連キーワード遠藤滋金子馬治久下豊忠小杉武司千宗左(12代)津下紋太郎降矢芳郎松山茂森連和仁貞吉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本悌二郎の関連情報