コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴胡清肝湯 さいこせいかんとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいこせいかんとう【柴胡清肝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡(さいこ)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)川芎(せんきゅう)地黄(じおう)黄連(おうれん)黄芩(おうごん)黄柏(おうばく)栝楼根(かろこん)甘草(かんぞう)桔梗(ききょう)山梔子(さんしし)薄荷(はっか)連翹(れんぎょう)牛蒡子(ごぼうし)などを含む。慢性胃腸病、慢性扁桃腺(へんとうせん)炎神経症湿疹(しっしん)などに用いる。虚弱体質の小児がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android