コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨稲川 ヤマナシトウセン

デジタル大辞泉の解説

やまなし‐とうせん〔‐タウセン〕【山梨稲川】

[1771~1826]江戸後期の音韻学者。駿河の人。名は治憲。字(あざな)は玄度。別号、東平。本居宣長の影響を受け、中国古代の音韻を研究。著「説文緯」「古声譜」「諧声図」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山梨稲川 やまなし-とうせん

1771-1826 江戸時代後期の儒者。
明和8年8月4日生まれ。江戸で陰山豊洲(かげやま-ほうしゅう)にまなび,郷里の駿河(するが)(静岡県)にかえって楽山吟社をおこす。中国語古音の音韻を研究し,「文緯」「古声譜」をあらわした。文政9年7月6日死去。56歳。名は治憲。字(あざな)は玄度。通称は東平。別号に昆陽山人。詩文集に「稲川詩草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山梨稲川

没年:文政9.7.6(1826.8.9)
生年:明和8.8.4(1771.9.12)
江戸時代後期の漢学者。駿河庵原郡西方村(静岡県清水市)の人。名は治憲,字は玄度,叔子。東平,稲川などと号す。幼いころから,詩文や書をよくし,17歳のとき江戸に行き,古文辞学派の陰山豊洲に師事。その後東北,関西などの各地に遊び交友を広める。父が亡くなり,25歳ごろからは駿河をほとんど離れることなく,学問に励んだ。特に古書を正しく理解するため,中国古代の音韻を研究。晩年,著作『文緯』を携え諸儒に諮ろうと江戸に出たが,果たす前に没した。また詩文や書の評価も高い。<参考文献>中村春二『稲川遺芳』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やまなしとうせん【山梨稲川】

1771~1826) 江戸後期の音韻学者。駿河の人。名は治憲、字あざなは玄度。中国古代の音韻を研究。著「説文緯」「古声譜」「稲川詩草」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

山梨稲川 (やまなしとうせん)

生年月日:1771年8月4日
江戸時代後期の漢学者
1826年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山梨稲川の関連キーワード中村春二生年月日柴崎直古小出東嶂神田雁赤儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android