山翡翠(読み)ヤマショウビン

デジタル大辞泉の解説

やま‐しょうびん【山翡翠】

カワセミ科の鳥。全長28センチくらい。頭は黒、胸は白、背が青藍色で、腹と太いくちばしと脚が赤色。中国・東南アジアにみられ、日本では迷鳥

やま‐せみ【山翡翠/山魚狗】

カワセミ科の鳥。全長38センチくらい。体は白と黒の鹿の子模様で頭に冠羽があり、くちばしは黒く大きい。アジア東部に分布。山地の渓流などにすみ、水に飛び込んで魚を捕って食べる。かのこしょうびん。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山翡翠 (ヤマショウビン)

学名:Halcyon pileata
動物。カワセミ科の鳥

山翡翠 (ヤマセミ)

学名:Ceryle lugubris
動物。カワセミ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐しょうびん【山翡翠】

〘名〙 カワセミ科の鳥。全長約二八センチメートル。頭部は黒く、背面は濃青色で、頸は白く、胸腹部は淡褐色を呈する。くちばしと脚が赤紅色をし、くちばしは大きい。朝鮮半島・中国から東南アジアに分布し、日本には対馬や沖縄などに旅鳥として訪れるが、数はきわめて少ない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android