コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山巌 おかやま いわお

2件 の用語解説(岡山巌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡山巌 おかやま-いわお

1894-1969 大正-昭和時代の歌人,医師。
明治27年10月19日生まれ。東京鉄道病院などに勤務。短歌を六高在学中よりはじめ,大正5年「水甕(みずがめ)」同人,10年「自然」同人。昭和6年「歌と観照」を創刊,主宰。短歌革新論を展開した。昭和44年6月14日死去。74歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「現代歌人論」,歌集に「思想と感情」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡山巌
おかやまいわお
(1894―1969)

歌人。広島市生まれ。東京帝国大学医学部卒業。内科医師。尾上柴舟(おのえさいしゅう)に師事し、1916年(大正5)に『水甕(みずがめ)』同人。31年(昭和6)4月に歌誌『歌と観照』を創刊し、人間と文学との相互創造を目標に掲げる。36年に歌集『思想と感情』、38年に『帝都の情熱』を刊行。その6月に発表された論文「歌壇の旧派化を救へ」は、現代の素材と表現を求めたもので、生き生きとした人間の存在を訴え、大きな反響がある。代表的な評論集は38年の『現代短歌論』。71年(昭和46)に遺歌集『体質』が刊行された。[篠 弘]
 大いなるロダンは手のみ彫(ほ)りたれど生き生きとして全体を見す
『『岡山巌全歌集』(1980・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山巌の関連キーワード中原綾子石川暮人伊藤生更上田英夫大坪草二郎鈴木康文谷邦夫野上草男橋本徳寿藤森朋夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone