コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎清一郎 おかざき せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎清一郎 おかざき-せいいちろう

1900-1986 大正-昭和時代の詩人。
明治33年9月19日生まれ。北原白秋の「近代風景」や村野四郎らの「旗魚」に参加,昭和4年第1詩集「四月遊行」を刊行する。のち「歴程」同人。35年「新世界交響楽」で高村光太郎賞,48年「春鶯囀(しゅんおうてん)」で読売文学賞。昭和61年1月28日死去。85歳。栃木県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡崎清一郎
おかざきせいいちろう
(1900―1986)

詩人。栃木県足利(あしかが)市の生まれ。佐野中学中退。1923年(大正12)北原白秋(はくしゅう)を知り、その『近代風景』に参加。のち村野四郎らの『旗魚(きぎょ)』、堀口大学の『オルフェオン』などにも加わる。35年(昭和10)『歴程』に参加。詩集に『火宅』(1934)、『韜晦(とうかい)之書』(1951)、『古妖(こよう)』(1969)などがある。詩は生の不安、悲哀、そして豊饒(ほうじょう)を奔放な修辞に包んで異色。[安藤靖彦]
『『日本の詩23 近代詩集2』(1979・集英社) ▽『現代詩鑑賞講座8』(1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岡崎清一郎の関連キーワード岡崎 清一郎はくしゅう昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android