コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本則録 おかもと のりぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本則録 おかもと-のりぶみ

1847-1931 明治-大正時代の数学者。
弘化(こうか)4年10月30日生まれ。和算家長谷川弘(ひろむ)に師事し,のち洋算に転じる。大阪師範校長,学習院学監をへて,明治11年東京数学会社社長となり,数学用語の選定につとめた。晩年学士院蔵書目録の作成にあたった。昭和6年2月17日死去。85歳。江戸出身。旧姓は後藤。幼名は彦一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかもとのりふみ【岡本則録】

1847‐1931(弘化4‐昭和6)
明治期の数学者,数学教育者。初め後藤姓。日本数学会の前身である東京数学会社創立に参加し,この学会の発展に尽力する。東京数学会社の訳語会で数学の用語の統一に力を尽くした。公理,単位,数学などの用語は,岡本の提案により決定した。大阪師範学校長,学習院学監,松山中学校長,成城小学校長などを歴任する。その間,中条澄清ほか多くの数学教育者を養成した。和算家長谷川弘の弟子であったので,和算史にも造詣が深く,遠藤利貞三上義夫の和算史の研究に力を貸した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おかもとのりぶみ【岡本則録】

1847~1931) 数学教育者。江戸の生まれ。東京数学会社(のちの日本数学会)の創立に参加。訳語選定に尽力し、晩年には帝国学士院で和算書整理・目録作成に従事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の岡本則録の言及

【東京数学会社】より

…1877年9月,神田孝平(たかひら)の提案により日本中の数学者が一堂に会して発足した学会である。初代の総代は神田孝平と柳楢悦(ならよし)で,後に岡本則録(のりふみ)が社長となる。77年11月から機関誌《東京数学会社雑誌》を刊行する。…

【和算】より

…初めは西洋数学(洋算)の普及に尽力し,やがて数学用語の統一に貢献した。長谷川弘の弟子岡本則録(1847‐1931)はこの学会の発展に尽力した中心人物の一人である。和算の終りをこの東京数学会社の発足に置く学者が多い。…

※「岡本則録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

岡本則録の関連キーワード帝国学士院大正時代従事

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android