コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤利貞 えんどう としさだ

4件 の用語解説(遠藤利貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤利貞 えんどう-としさだ

1843-1915 明治時代の和算史家。
天保(てんぽう)14年1月15日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩士。和田寧の弟子細井若狭に師事。維新後藩校でおしえた。のち洋算をまなび,東京師範などの教師となる。和算の衰退をうれえ,明治29年「大日本数学史」を刊行した。遺稿に三上義夫編「増修日本数学史」。大正4年4月20日死去。73歳。本姓は堀尾。号は春江,春峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

遠藤利貞

没年:大正4.4.20(1915)
生年:天保14.1.15(1843.2.13)
明治期の和算史家。伊勢国(三重県)桑名藩士堀尾利見,理世子の子。江戸生まれ。若くして遠藤氏を継いだ。和田寧の高弟細井寧雄に師事して和算を修め,明治10(1877)年に東京数学会社会員となるが,和算の衰退を見るに忍びず和算史編纂を決意。この仕事が菊池大麓の目に留まり,理科大学,帝国学士院での和算史調査を任される。16年かけて編んだ『大日本数学史』(1896)は本邦初の本格的な科学史書となった。頑固一徹の人で,和算への情熱がこの偉業を成し遂げさせた。同書はのち三上義夫の編により『増修日本数学史』として刊行された。

(佐藤賢一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんどうとしさだ【遠藤利貞】

1843‐1915(天保14‐大正4)
《大日本数学史》の著者。幼名多喜之助,後に安司,杲三ともいう。号は初め春江,後に春峰。本姓は堀尾,遠藤家を継ぐ。伊勢の桑名藩士である。細井寧雄(1802‐73∥享和2‐明治6)に師事し,数学を学ぶ。明治維新のときは幕府方につき,最後は上野の彰義隊に参加し,敗走する。後に桑名に幽閉される。許されて桑名藩学校の数学教師となる。洋算も学び,1875年には東京師範学校教師となり,珠算の教科書《算顆術授業書》(1878)を刊行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠藤利貞
えんどうとしさだ
(1843?―1915)

明治時代の数学史家。伊勢(いせ)国(三重県)桑名の出身。本姓を堀尾といい、伊勢藩遠藤氏の養子となる。細井若狭(わかさ)について和算を学び、一時、桑名の藩校の数学教師にもなったことがある。1872年(明治5)東京に出て洋算を学び、同年に洋算の教師となった。以後、没するまで多くの学校で数学の教師として生活をたてる。1878年和算史の著述を志し、1893年に脱稿、1896年『大日本数学史』として出版された。彼はその後もこの書の増補改訂を続け、没後は三上義夫の編集で『増修日本数学史』として刊行され、1960年(昭和35)には平山諦(ひらやまあきら)(1904―1998)の編集で同書の第3版が発行された。[大矢真一]
『三上義夫編『増修日本数学史』付録「故遠藤利貞翁略伝」(1960・恒星社厚生閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遠藤利貞の言及

【科学史】より

…それは一つには,和算という比較的輪郭も性格も明確な,しかも日本に独自といってよい知識体系が存在していたことにもよる。すでに遠藤利貞の《大日本数学史》などの仕事があったうえに,三上義夫のように当初から海外に発表の舞台を求めた数学史研究(《日本数学史》,D.E.スミスと共著)が花開いており,小倉金之助の一連の仕事も含めて,単に海外の学問の紹介ではなく,すでに,独自の内容をもつ研究が進められていた。また1910年代から科学啓蒙活動や科学論に対する関心が生まれ,啓蒙誌《現代之科学》が刊行(1913)されたり,田辺元の《科学概論》(1918)が現れ,22年のアインシュタインの来日によってこうした傾向は頂点を迎える。…

【和算】より

…その後の和算は数学史の一分野として研究されることになった。和田寧の孫弟子遠藤利貞(1843‐1915)による《大日本数学史》(1896)が和算史の第一歩となった。遠藤の没後これを三上義夫(1875‐1950)が増補訂正して《増修日本数学史》(1918)にまとめた。…

※「遠藤利貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遠藤利貞の関連キーワード毛利安子藤谷為脩北陸新幹線赤井陶然(4代)稲生真履岡田順平小柳卯三郎高岡元真田中半之丞坪井伊助

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone