コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉春 ごしゅん

10件 の用語解説(呉春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉春
ごしゅん

[生]宝暦2(1752)
[没]文化8(1811).7.17.
江戸時代後期の画家。四条派の祖。姓は松村,名は豊昌,字は裕甫。号は月渓,可転,允白,孫石など。京都金座の年寄役の家に生れ,初め大西酔月に絵を,与謝蕪村に俳諧,絵を学ぶ。その後円山応挙に私淑,南画と円山派を融合し,瀟洒な画風を特徴とする四条派を創始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごしゅん【呉春】

松村月渓(まつむらげっけい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呉春【ごしゅん】

江戸中期の画家。尾張の人。姓は松村,月渓と号したが,1782年姓を呉,名を春と改めた。与謝蕪村に絵と俳諧(はいかい)を学び,柔軟な筆致による南画に個性を現すが,蕪村の没後は円山応挙に師事し,写実画に転向。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

呉春

没年:文化8.7.17(1811.9.4)
生年:宝暦2.3.15(1752.4.28)
江戸中・後期の画家。本姓は松村,名は豊昌,字は伯望,通称は文蔵,号は月渓,可転,允白,孫石,蕉雨亭,百昌堂など。のちに蕪村から三菓軒の号を譲られる。京都の堺町四条下ルの金座年寄役松村匡程の長男として生まれる。初め家業を継いで金座平役を勤めたが,安永末年ごろ,何らかの事情で職を退いた。富裕な役人生活を送りつつ,さまざまな芸事を身につけた。非常に手先が器用で,金座で大判小判を数える際,右手から左手へ,黄金の橋のように金貨を投げ上げ,その一瞬の間ににせ金をかたわらに選り分けたという。初め大西酔月に画を学んだが,酔月の死後,蕪村の門人となり俳諧と画を学んだ。蕪村の影響を受けて,「羅漢図」「寒山拾得図」(ともに逸翁美術館蔵)などを描く。まだ金座の役人であったころ,島原の名妓雛路を身請けし妻としていたが,天明1(1781)年その妻が里帰りの途中,海難事故で死亡,同年父匡程が亡くなるなど不幸が続いたため,剃髪するため摂津の池田(大阪府)に移り,翌年の春,池田の古名呉服里にちなみ呉春と改名した。池田時代の8年間に,蕪村風の南画様式に写実味を加え,「柳鷺群禽図屏風」(重要文化財)などの名品を描いた。また「内裏鹿図画賛」(逸翁美術館蔵)など,俳句俳文の画賛類にみるべきものを多く遺した。天明3年蕪村が死に,呉春はその遺児のために「陶淵明画賛」(逸翁美術館蔵)や,蕪村の『新花摘』に挿絵などを描いた。 寛政1(1789)年ごろ完全に京都に戻り,急速に円山応挙に接近していく。一説に蕪村の死後,応挙に入門を請うたが,呉春の画才を知っていた応挙は友人として遇したといわれている。天明7年応挙一門による但馬(兵庫県)大乗寺の襖絵制作に参加し,「群山露頂図」を描く。やがて南画様式に円山派の画法を取り入れて,平明で瀟洒な画風の新様式を確立する。その代表作として,大乗寺襖絵「耕作図」,妙法院白書院襖絵「山水図」,「梅林図屏風」(逸翁美術館蔵)がある。呉春をはじめ,その一門が多く四条付近に住んでいたため,四条派と呼ばれた。最晩年の作品に醍醐寺三宝院襖絵「泊舟図」がある。60歳で没し,七条の大通寺に葬られたが,のち洛北の金福寺に改葬された。異母弟の景文が呉春から学び,四条派をひきついで隆盛に導いた。<参考文献>山川武『日本美術絵画全集22/応挙・呉春』

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ごしゅん【呉春】

大阪の日本酒。酒名は、「呉」が池田の古称「呉服(くれは)の里」に由来し、中国唐代の酒の別称「春」を合わせ、「池田の酒」を意味する。小説家・谷崎潤一郎が愛飲した酒としても知られている。大吟醸酒「特吟」、本醸造酒「本丸」、普通酒「池田酒」などがある。平成3、4年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は赤磐雄町、八反錦など。仕込み水は五月山の伏流水。蔵元の「呉春」は江戸中期創業。所在地は池田市綾羽。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

呉春(ごしゅん)

大阪府、呉春株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごしゅん【呉春】

1752‐1811(宝暦2‐文化8)
江戸中期の画家。四条派の創始者。本姓は松村,通称は文蔵,初名は豊昌,字は允白,伯望。月渓,蕉雨亭,百昌堂と号す。京都金座の年寄役の長男として生まれ,その平役となる。画技ははじめ大西酔月に学び,1774年(安永3)ごろ与謝蕪村について画と俳諧を修める。81年(天明1)摂津の池田へ移り,翌年の春,池田の古名呉服里(くれはのさと)にちなんで姓を呉,名を春と改めた。この池田時代,呉春は蕪村から学んだ技法に平明な自然観察を加味して,新しい画風を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごしゅん【呉春】

松村まつむら呉春

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉春
ごしゅん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呉春の言及

【円山四条派】より

…江戸中期に興った絵画の流派。円山応挙が開いた円山派と呉春が興した四条派の総称。18世紀中ごろ狩野派土佐派をはじめとする伝統的画派は形式化に陥り,また琳派は尾形光琳のあと卓越した画家に恵まれず,創造性を枯渇させていた。…

※「呉春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉春の関連キーワード遠山竜雲斎長谷川鶴洲平蕉斎吉村周南牧菴松村公劉岡笠山松村月渓晁有輝林稚瞻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉春の関連情報