コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸上鎌吉 きしのうえ かまきち

2件 の用語解説(岸上鎌吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上鎌吉 きしのうえ-かまきち

1867-1929 明治-昭和時代前期の水産学者。
慶応3年11月4日生まれ。明治41年東京帝大農科大学教授。水産動物の分類・生態・漁法などを研究した。昭和4年中国揚子江の魚類調査におもむき,同年11月22日成都で死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。帝国大学卒。著作に「水産原論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸上鎌吉
きしのうえかまきち
(1867―1929)

水産生物学者。愛知県生まれ。1889年(明治22)東京帝国大学理科大学動物学科を卒業し、1891年農商務省水産局技師となる。1909年(明治42)農科大学に新設の水産学科教授となり、その後帝国学士院会員に選ばれた。1928年(昭和3)定年退職して名誉教授。翌年、中国の揚子江(ようすこう)流域の淡水生物調査に赴き、四川(しせん)省成都で病没。日本水産学界の先駆者として水産動物の分類学、形態学、水産原論、漁業学などを研究、新種の発表も多くある。とくにカツオ・マグロの系統確立は、今日でも世界の学界で高く評価されている。[日比谷京]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸上鎌吉の関連キーワード池内広正植場平久保虎三藤堂高成西田敬止二条正麿橋本実穎三崎省三武藤虎太森永助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone