コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸上鎌吉 きしのうえ かまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上鎌吉 きしのうえ-かまきち

1867-1929 明治-昭和時代前期の水産学者。
慶応3年11月4日生まれ。明治41年東京帝大農科大学教授。水産動物の分類・生態漁法などを研究した。昭和4年中国揚子江の魚類調査におもむき,同年11月22日成都で死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。帝国大学卒。著作に「水産原論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸上鎌吉
きしのうえかまきち
(1867―1929)

水産生物学者。愛知県生まれ。1889年(明治22)東京帝国大学理科大学動物学科を卒業し、1891年農商務省水産局技師となる。1909年(明治42)農科大学に新設の水産学科教授となり、その後帝国学士院会員に選ばれた。1928年(昭和3)定年退職して名誉教授。翌年、中国の揚子江(ようすこう)流域の淡水生物調査に赴き、四川(しせん)省成都で病没。日本水産学界の先駆者として水産動物の分類学、形態学、水産原論、漁業学などを研究、新種の発表も多くある。とくにカツオ・マグロの系統確立は、今日でも世界の学界で高く評価されている。[日比谷京]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岸上鎌吉の関連キーワードエチゼンクラゲサンゴ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android