岸上鎌吉(読み)きしのうえ かまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上鎌吉 きしのうえ-かまきち

1867-1929 明治-昭和時代前期の水産学者。
慶応3年11月4日生まれ。明治41年東京帝大農科大学教授。水産動物の分類・生態漁法などを研究した。昭和4年中国揚子江の魚類調査におもむき,同年11月22日成都で死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。帝国大学卒。著作に「水産原論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸上鎌吉
きしのうえかまきち
(1867―1929)

水産生物学者。愛知県生まれ。1889年(明治22)東京帝国大学理科大学動物学科を卒業し、1891年農商務省水産局技師となる。1909年(明治42)農科大学に新設の水産学科教授となり、その後帝国学士院会員に選ばれた。1928年(昭和3)定年退職して名誉教授。翌年、中国の揚子江(ようすこう)流域の淡水生物調査に赴き、四川(しせん)省成都で病没。日本水産学界の先駆者として水産動物の分類学、形態学、水産原論、漁業学などを研究、新種の発表も多くある。とくにカツオ・マグロの系統確立は、今日でも世界の学界で高く評価されている。[日比谷京]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きしのうえ‐かまきち【岸上鎌吉】

動物学者。理学博士。愛知県出身。東京帝大動物学科卒。農商務省水産局技師を経て、東京帝大教授。水産動物の研究を行ない、日本水産学界の発展に寄与。帝国学士院会員。慶応三~昭和四年(一八六七‐一九二九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android