コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島牧村 しままき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島牧〔村〕
しままき

北海道南西部,日本海に臨む村。 1956年東島牧村と西島牧村が合体して成立。地名はアイヌ語のシュマコマキ (背後に岩があるの意) に由来。ホッケ,イカ漁などの沿岸漁業が主産業。狩場山地が海に迫る海岸は風景美で知られ,釣場が多い。狩場茂津多道立自然公園に属する。海岸部を国道 229号線が走る。面積 437.18km2。人口 1499(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

島牧村の関連キーワード北海道島牧郡島牧村原歌町北海道島牧郡島牧村永豊町北海道島牧郡島牧村江ノ島北海道島牧郡島牧村軽臼岱北海道島牧郡島牧村小川北海道島牧郡島牧村豊平北海道島牧郡島牧村豊浜北海道島牧郡島牧村豊岡北海道島牧郡島牧村栄磯北海道島牧郡島牧村大平北海道島牧郡島牧村植原北海道島牧郡島牧村賀老北海道島牧郡島牧村冨浦北海道島牧郡島牧村歌島北海道島牧郡島牧村栄浜北海道島牧郡島牧村美川北海道島牧郡島牧村本目北海道島牧郡島牧村持田北海道島牧郡島牧村元町北海道島牧郡島牧村千走

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android