コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩場山地 かりばさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩場山地
かりばさんち

北海道南西部,渡島半島の北部にあり,主として安山岩から成る火山地域。狩場山 (1520m) を主峰とし,フモンナイ岳 (1337m) ,東狩場山 (1319m) ,オコツナイ岳 (1170m) ,前山 (1260m) ,鯨山 (886m) ,カスベ岳 (1049m) ,メップ岳 (1147m) があり,渡島半島南半部の最高所になっている。須築 (すっつき) 川,千走 (ちわせ) 川,小田西川などの河川が深い谷をつくり,日本海にのぞむところは茂津多岬を中心に海食崖を形成。狩場茂津多道立自然公園に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かりば‐さんち【狩場山地】

北海道南西部、渡島(おしま)半島の北部にある山地。主峰は標高1520メートルの狩場山。ブナの森の北限地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かりばさんち【狩場山地】

北海道南西部,渡島(おしま)半島の北部に位置する山地。半島の最高峰をなす主峰狩場山(1520m)はすそ野の広い楯状火山で,他のメップ岳,カスベ岳などの山も新第三紀の火山岩類や火山噴出物から成る。須築(すつき)川,千走川などの深い谷によって開析されて壮年期特有の急峻な地形を成し,山地が日本海に突き出す海岸は高さ数十mの断崖茂津多岬を形成している。長い間未開通であった海岸沿いの国道229号線は,1976年茂津多トンネル(1974m)が完成して全通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕狩場山地(かりばさんち)


北海道南西部、渡島(おしま)半島北西部の安山岩(あんざんがん)系の火山性山地。同半島最高峰の狩場山(標高1520m)を中心にメップ岳・カスベ岳などが連なる。須築(すつき)川・千走(ちわせ)川などによる開析(かいせき)が進み、山容は急峻(きゅうしゅん)。西側は日本海に急傾斜し、茂津多(もつた)岬の断崖(だんがい)をつくる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩場山地
かりばさんち

北海道南西部、渡島(おしま)半島の基部西側にある山地。日本海に面し、檜山(ひやま)振興局管内と後志(しりべし)総合振興局管内の境界にある。狩場山(1520メートル)を主峰とし、カスベ岳、メップ岳、フモンナイ岳、オコツナイ岳、前山、鯨(くじら)山などが連なる。大部分は安山岩からなり、一部に変朽安山岩がある。須築(すつき)川、千走(ちわせ)川、小田西(おだにし)川などによって開析されている。この山地が日本海に面した所が数十メートルの急崖(きゅうがい)をなす茂津多(もった)岬で、かつては蝦夷(えぞ)三険岬の一つとして船乗りに恐れられていた。現在海岸線を国道229号が通るが、岬を抜ける茂津多トンネル(1974メートル)は着工から16年を要し、1976年(昭和51)開通した。狩場茂津多道立自然公園に属し、ブナ、ダケカンバ、ハイマツなどの間にキバナシャクナゲ、エゾカンゾウ、チシマニンジンなどの高山植物のお花畑がある。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

狩場山地の関連キーワード島牧(村)せたな町島牧村利別川瀬棚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android