コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩場茂津多道立自然公園 かりばもったどうりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩場茂津多道立自然公園
かりばもったどうりつしぜんこうえん

北海道南西部,渡島半島北部の寿都町島牧村せたな町に広がる山岳と海浜の自然公園。面積 226.47km2。 1972年指定。渡島半島の最高峰をなす楯状火山の狩場山 (1520m) の山岳景観,オオヒラウスユキソウなど貴重な高山植物が分布する大平山 (1191m) の植物景観,寿都町の弁慶岬より茂津多岬を経て,せたな町の太櫓海岸にいたる日本海岸の海食崖風景が特色。特に狩場山地が日本海に迫る茂津多岬の海食崖は高さ約 280mに及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

狩場茂津多道立自然公園の関連キーワード島牧(村)楯状火山瀬棚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android