コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島門駅 しまとのえき

1件 の用語解説(島門駅の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しまとのえき【島門駅】

律令国家によって設けられた筑前(福岡県)の駅の一つ。所在地に定説はないが,《遠賀郡誌》が比定する遠賀郡島門村大字島津(現,遠賀町大字島津)が最も可能性が高い。島門の地名は古く柿本人麻呂の歌にも見える。駅に置く馬は《延喜式》によれば23疋で,筑前各駅の駅馬数のなかで最も多い。《遠賀郡誌》はこの理由を水駅を兼ねていたことに求めているが,人麻呂の歌の詞書に〈筑紫に下る時,海路に作る〉とあることから,この見解は正しいだろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

島門駅の関連キーワード教員養成功田俘囚化内三戒壇筑前大和国家律令国家律令時代中野助能

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone