コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島門駅 しまとのえき

世界大百科事典 第2版の解説

しまとのえき【島門駅】

律令国家によって設けられた筑前(福岡県)の駅の一つ。所在地に定説はないが,《遠賀郡誌》が比定する遠賀郡島門村大字島津(現,遠賀町大字島津)が最も可能性が高い。島門の地名は古く柿本人麻呂の歌にも見える。駅に置く馬は《延喜式》によれば23疋で,筑前各駅の駅馬数のなかで最も多い。《遠賀郡誌》はこの理由を水駅を兼ねていたことに求めているが,人麻呂の歌の詞書に〈筑紫に下る時,海路に作る〉とあることから,この見解は正しいだろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

島門駅の関連キーワード律令国家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android