嵯峨ノ島(読み)さがノしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嵯峨ノ島
さがノしま

長崎県五島列島西端福江島の西方約 4kmにある島。五島市に属する。古くは流人の島で,島の中心部にキリシタン集落が残る。一本釣り刺網漁業が中心。北部の臼状の男岳 (151m) と南部のゆるやかな傾斜の女岳 (130m) の二つの山がつながった島。西岸海食によって断崖をなし,かつての火山の内部構造を露呈。噴出状況を示すものとして有名。沿岸一帯は西海国立公園に属する。三井楽貝津から定期船がある。面積 3.01km2。人口 238 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵯峨ノ島
さがのしま

長崎県、五島(ごとう)列島福江(ふくえ)島の北西約4キロメートルの海上にある島。五島市に属する。面積3.17平方キロメートル。西海(さいかい)国立公園に含まれる。古くは遠島(えんとう)とよばれた流人(るにん)の島。現在は、漁業が盛ん。島の中央部にカトリック集落の嵯峨島(さがのしま)があり、嵯峨島教会が建つ。この島は二つの火山がその裾野(すその)でつながってできた一つの島で、北方の男岳(おだけ)はホマーテ(臼(きゅう)状火山)、南方の女岳(めだけ)はアスピーテ(楯(たて)状火山)で、西海岸は海食によって頂上の火口付近まで削られて一大断崖(だんがい)をなしている。断崖には、火山の内部構造がはっきりと露出し、火山の噴出状況が顕著に示されている島としても有名である。「オーモンデー」とよばれる念仏踊が伝承され、国の選択無形民俗文化財となっている。福江島の貝津(かいつ)から船で30分。人口200(2009)。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嵯峨ノ島の言及

【三井楽[町]】より

…長崎県西端,南松浦郡の町。五島列島福江島の北西部に突出する半島部と,西方海上の嵯峨ノ島からなる。人口4306(1995)。…

※「嵯峨ノ島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android