コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川田晴久 かわだ はるひさ

2件 の用語解説(川田晴久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田晴久 かわだ-はるひさ

1907-1957 昭和時代の歌手,俳優。
明治40年3月15日生まれ。川田義雄の名でデビュー。昭和12年芝利英(りえ),坊屋三郎,益田キートン(のち喜頓)と「あきれたぼういず」を結成,歌謡漫談をはじめる。14年「ミルク・ブラザース」を結成。「地球の上に朝が来る……」の川田節で一世を風靡(ふうび)した。戦後は舞台,ラジオ,映画で活躍。昭和32年6月21日死去。50歳。東京出身。本名は岡村郁二郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川田晴久
かわだはるひさ
(1907―1957)

俳優。本名岡村郁二郎。東京生まれ。藤原義江(よしえ)にあこがれて歌手を志し、1930年(昭和5)浅草・音羽(おとわ)座で川田義雄(よしお)の芸名で初舞台。のち永田キング一座を経て、37年に益田喜頓(キートン)、坊屋(ぼうや)三郎、芝利英(しばりえ)と「あきれたぼういず」を結成、歌謡漫談の先駆となり、浪曲の虎造節(とらぞうぶし)をギターの弦にのせてアレンジした「地球の上に朝が来る……」の川田節で一世を風靡(ふうび)した。49年(昭和24)晴久と改名、舞台、ラジオ、映画などに活躍した。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川田晴久の関連キーワード上原敏小畑実北沢栄楠木繁夫清水静子関種子羽衣歌子平野愛子藤原亮子松島詩子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川田晴久の関連情報