コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川鼻仮条約 せんびかりじょうやくChuan-bi; Ch`uan-pi

2件 の用語解説(川鼻仮条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川鼻仮条約
せんびかりじょうやく
Chuan-bi; Ch`uan-pi

1841年 (清,道光 21年) ,中国の広州付近の川鼻島で,清国全権の琦善 (きぜん) とイギリスの代表 C.エリオットとの間に結ばれようとしたアヘン戦争処理のための仮条約。その草案によれば,清国はホンコン島の割譲,賠償金 600万ドルの支払い,両国官憲の対等交渉,広州の再開港を認めることとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川鼻仮条約
せんびかりじょうやく

アヘン戦争(1840~42)の途中の1841年1月20日にイギリス貿易監督官のC・エリオットと清(しん)朝の欽差(きんさ)大臣、(きぜん)との間で広東(カントン)省の川鼻という村で結ばれた条約。香港(ホンコン)の割譲、600万ドルの賠償支払い、広東貿易の再開などを決め、イギリスはかわりに舟山からの撤退などを決めた。しかし清朝はこれを認めず、条約に調印した善を罷免(ひめん)、戦闘が再開され、清朝敗北の結果結ばれた南京(ナンキン)条約において、これらの条項が認められた。南京条約は中国の結んだ最初の不平等条約(それも敗戦に伴う敗戦条約)であるが、その前提をつくったものがこの仮条約である。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

川鼻仮条約の関連キーワード天保の改革ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)スピロサイト新聞小説探偵小説猿若三座中浜(ジョン)万次郎渡辺崋山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone