コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川鼻仮条約 せんびかりじょうやく Chuan-bi; Ch`uan-pi

2件 の用語解説(川鼻仮条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川鼻仮条約
せんびかりじょうやく
Chuan-bi; Ch`uan-pi

1841年 (清,道光 21年) ,中国の広州付近の川鼻島で,清国全権の琦善 (きぜん) とイギリスの代表 C.エリオットとの間に結ばれようとしたアヘン戦争処理のための仮条約。その草案によれば,清国はホンコン島の割譲,賠償金 600万ドルの支払い,両国官憲の対等交渉,広州の再開港を認めることとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川鼻仮条約
せんびかりじょうやく

アヘン戦争(1840~42)の途中の1841年1月20日にイギリス貿易監督官のC・エリオットと清(しん)朝の欽差(きんさ)大臣、(きぜん)との間で広東(カントン)省の川鼻という村で結ばれた条約。香港(ホンコン)の割譲、600万ドルの賠償支払い、広東貿易の再開などを決め、イギリスはかわりに舟山からの撤退などを決めた。しかし清朝はこれを認めず、条約に調印した善を罷免(ひめん)、戦闘が再開され、清朝敗北の結果結ばれた南京(ナンキン)条約において、これらの条項が認められた。南京条約は中国の結んだ最初の不平等条約(それも敗戦に伴う敗戦条約)であるが、その前提をつくったものがこの仮条約である。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川鼻仮条約の関連キーワード王克三陳逸舟丁汝昌道光帝馬良愛知県西尾市道光寺張尊三道光(1)道光(3)道光(4)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone