コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨文島 キョブントウ

4件 の用語解説(巨文島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょぶん‐とう〔‐タウ〕【巨文島】

大韓民国南部、全羅南道の島群。済州海峡にあり、水運の要地。1885~87年、英国艦隊が占領して、ロシア南下政策に対抗した。コムンド。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょぶんとう【巨文島 Kŏmun‐do】

朝鮮半島と済州島の中間にある島。韓国全羅南道に属する。東島(面積3km2),西島(6.9km2),古島(1.1km2)の3島からなる。3島に囲まれた内海は比較的穏やかで,漁船などの避難港に利用されている。近海はサバ,タイ,アジなどの漁場であるが,漁業に従事する島民は多くない。1971年の調査によると,3島合わせて人口6299,戸数1103で,2/3が専業農家である。水田はほとんどなく,畑作と家畜を中心に自給的農業に携わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょぶんとう【巨文島】

コムンド【巨文島】

朝鮮半島の南、済州海峡にある小島。韓国領。沿岸漁業の根拠地。きょぶんとう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨文島の関連キーワード黄海済州島朝鮮半島対馬東支那海済州特別自治道済州島四・三事件済州珍島韓国・済州島の海女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone