コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨文島 キョブントウ

世界大百科事典 第2版の解説

きょぶんとう【巨文島 Kŏmun‐do】

朝鮮半島と済州島の中間にある島。韓国全羅南道に属する。東島(面積3km2),西島(6.9km2),古島(1.1km2)の3島からなる。3島に囲まれた内海は比較的穏やかで,漁船などの避難港に利用されている。近海サバ,タイ,アジなどの漁場であるが,漁業に従事する島民は多くない。1971年の調査によると,3島合わせて人口6299,戸数1103で,2/3が専業農家である。水田はほとんどなく,畑作家畜を中心に自給的農業に携わっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょぶんとう【巨文島】

コムンド【巨文島】

朝鮮半島の南、済州海峡にある小島。韓国領。沿岸漁業の根拠地。きょぶんとう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android