コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨文島 キョブントウ

デジタル大辞泉の解説

きょぶん‐とう〔‐タウ〕【巨文島】

大韓民国南部、全羅南道の島群。済州海峡にあり、水運要地。1885~87年、英国艦隊が占領して、ロシア南下政策に対抗した。コムンド。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょぶんとう【巨文島 Kŏmun‐do】

朝鮮半島と済州島の中間にある島。韓国全羅南道に属する。東島(面積3km2),西島(6.9km2),古島(1.1km2)の3島からなる。3島に囲まれた内海は比較的穏やかで,漁船などの避難港に利用されている。近海サバ,タイ,アジなどの漁場であるが,漁業に従事する島民は多くない。1971年の調査によると,3島合わせて人口6299,戸数1103で,2/3が専業農家である。水田はほとんどなく,畑作家畜を中心に自給的農業に携わっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょぶんとう【巨文島】

コムンド【巨文島】

朝鮮半島の南、済州海峡にある小島。韓国領。沿岸漁業の根拠地。きょぶんとう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巨文島の関連キーワード日本と朝鮮半島との関係(第二次世界大戦後)巨文島事件沿岸漁業朝鮮半島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android