コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)合う サシアウ

デジタル大辞泉の解説

さし‐あ・う〔‐あふ〕【差(し)合う】

[動ワ五(ハ四)]
物事がかち合ってさしつかえる。「その日は先約と―・っていて行けません」
出あう。出くわす。
「烏帽子(えぼし)、直衣(なほし)なる人の、ふと―・ひたるに」〈狭衣・三〉
1か所に重なり合う。付け加わる。
「方々の大臣(おとど)たち、この大将の御勢ひさへ―・ひ」〈・真木柱〉
向かい合う。また、近接する。
「胡国と日本の東のおく地とは―・ひてぞあんなる」〈宇治拾遺・一五〉
酒を酌み合う。
「世に似ず美(うま)き酒にてありければ、三人―・ひて」〈今昔・一九・二一〉
言い合う。
「互ひに犯科の得失を―・ふが如し」〈太平記・二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android