コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世の中 ヨノナカ

デジタル大辞泉の解説

よ‐の‐なか【世の中】

人々が互いにかかわり合って生きて暮らしていく場。世間。社会。「世の中が騒がしくなる」「暮らしにくい世の中になる」
世間の人々の間。また、社会の人間関係。「世の中はもちつもたれつだ」
「親も友達もないんです。つまり―がないんですね」〈漱石明暗
世間のならい。
「病気が出るほど嫌な人でも、―にゃ勝たれないから」〈鏡花・化銀杏〉
当世。その時分。
「入道殿をはじめ参らせて―におはしある人、参らぬはなかりけり」〈古本説話集・下〉
統治者の在任期間。
「―かはりて後、よろづ物うくおぼされ」〈・葵〉
世間的な人望。
「父殿うせ給ひにしかば、―おとろへなどして」〈大鏡・兼通〉
男女の関係。男女間の情愛。
「歌はよまざりけれど、―を思ひ知りたりけり」〈伊勢・一〇二〉
人の一生。寿命。
「―の今日か明日かに覚え侍りし程に」〈・柏木〉
外界のようす。あたりの自然。
「秋待ちつけて、―すこし涼しくなりては」〈・御法〉
10 作物のできばえ。
「播磨路の―が悪うて」〈浮・織留・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よのなか【世の中】

人々が集まり生活の場としているこの世。世間。社会。 「物騒な-になる」 「 -に出て出世する」
世間の事情やならわし。世情。 「 -を知らない人」
その当時の世。当世。 「 -に名高き逸物いちもちの者ども/宇津保 春日詣
ある人の治世。 「 -譲り聞こえ給ふべき事など/源氏 澪標
世間の人気。 「 -衰へなどして/大鏡 兼通
男女の仲。異性間の関係。 「 -をまだ思ひ知らぬ程よりは/源氏 空蟬
外界。気候。 「秋待ちつけて、-すこし涼しくなりては/源氏 御法
寿命。生きていられる年齢。 「 -の今日か明日かに覚え侍りしを/源氏 柏木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世の中の関連キーワード世の中は三日見ぬ間に桜かな世の中は三日見ぬ間の桜かな世の中は相持ち月に叢雲花に風一身に味方なし世を響かす世に連れる世は元偲び金の世の中五濁悪世世の覚え飛花落葉安寧秩序世に出る世変り苦労人俗世間実世間鎮定憂世

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世の中の関連情報