コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世の中 ヨノナカ

2件 の用語解説(世の中の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よ‐の‐なか【世の中】

人々が互いにかかわり合って生きて暮らしていく場。世間。社会。「―が騒がしくなる」「暮らしにくい―になる」
世間の人々の間。また、社会の人間関係。「―はもちつもたれつだ」
「親も友達もないんです。つまり―がないんですね」〈漱石明暗
世間のならい。
「病気が出るほど嫌な人でも、―にゃ勝たれないから」〈鏡花・化銀杏〉
当世。その時分。
「入道殿をはじめ参らせて―におはしある人、参らぬはなかりけり」〈古本説話集・下〉
統治者の在任期間。
「―かはりて後、よろづ物うくおぼされ」〈・葵〉
世間的な人望。
「父殿うせ給ひにしかば、―おとろへなどして」〈大鏡・兼通〉
男女の関係。男女間の情愛。
「歌はよまざりけれど、―を思ひ知りたりけり」〈伊勢・一〇二〉
人の一生。寿命。
「―の今日か明日かに覚え侍りし程に」〈・柏木〉
外界のようす。あたりの自然。
「秋待ちつけて、―すこし涼しくなりては」〈・御法〉
10 作物のできばえ。
「播磨路の―が悪うて」〈浮・織留・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よのなか【世の中】

人々が集まり生活の場としているこの世。世間。社会。 「物騒な-になる」 「 -に出て出世する」
世間の事情やならわし。世情。 「 -を知らない人」
その当時の世。当世。 「 -に名高き逸物いちもちの者ども/宇津保 春日詣
ある人の治世。 「 -譲り聞こえ給ふべき事など/源氏 澪標
世間の人気。 「 -衰へなどして/大鏡 兼通
男女の仲。異性間の関係。 「 -をまだ思ひ知らぬ程よりは/源氏 空蟬
外界。気候。 「秋待ちつけて、-すこし涼しくなりては/源氏 御法
寿命。生きていられる年齢。 「 -の今日か明日かに覚え侍りしを/源氏 柏木

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世の中の関連キーワード絡み合う軋り合う定慧生き替り死に替り代り合う鎖繋ぎ共過ぎ連関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世の中の関連情報