コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰命頂礼 キミョウチョウライ

デジタル大辞泉の解説

きみょう‐ちょうらい〔キミヤウチヤウライ〕【帰命頂礼】

頭を地につけて仏を礼拝し、帰依の気持ちを表すこと。
を礼拝するときに唱える言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きみょうちょうらい【帰命頂礼】

仏に信順し、仏の足を自分の頭に戴き、あるいは戴く形をとって礼拝すること。仏教の最敬礼。
仏に祈念するとき、その初めに唱える語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帰命頂礼
きみょうちょうらい

仏・菩薩(ぼさつ)に帰依(きえ)すること。帰命とは仏・菩薩に自らの身命をもって帰依するとか、仏・菩薩の命令に従うことなどを意味している。頂礼とは仏・菩薩の足を自らの頂上に頂き、礼拝(らいはい)、帰依するという意味である。このため、帰命頂礼とは仏・菩薩に対する特別に深い礼拝、帰依ということを意味している。また、帰命とは仏・菩薩に対する心の方面からの礼拝であり、頂礼とは身の方面からの礼拝であるともいわれている。[由木義文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の帰命頂礼の言及

【帰命】より

…サンスクリットのnamasを漢文仏典では帰命とも南無(なむ)とも訳しており,この両語は同じく〈頭を下げ敬意を示すこと〉,帰依(きえ)を意味している。したがって〈帰命頂礼(きみようちようらい)〉(額(ひたい)を地上につけて最敬礼すること)のように身体の動作と,〈至心帰命(ししんきみよう)〉(心中でひたすら帰依すること)の両面をふくんでいる。しかし,中国や日本の仏教においては帰と命にそれぞれ独立の意味を与えて,帰は〈かえる,したがう〉などの意に,命は〈寿命,教命(きようみよう)〉などの意に解釈し,〈仏の教命(教え)にしたがうこと〉〈人間の寿命のよって起こる根源にたちかえること〉〈命をささげて信ずること〉など,各宗派においてさまざまな解釈がなされている。…

※「帰命頂礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

帰命頂礼の関連キーワード奇妙頂礼最敬礼帰命願書仏教

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android