コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰命頂礼 キミョウチョウライ

3件 の用語解説(帰命頂礼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きみょう‐ちょうらい〔キミヤウチヤウライ〕【帰命頂礼】

頭を地につけて仏を礼拝し、帰依の気持ちを表すこと。
仏を礼拝するときに唱える言葉。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きみょうちょうらい【帰命頂礼】

仏に信順し、仏の足を自分の頭に戴き、あるいは戴く形をとって礼拝すること。仏教の最敬礼。
仏に祈念するとき、その初めに唱える語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帰命頂礼
きみょうちょうらい

仏・菩薩(ぼさつ)に帰依(きえ)すること。帰命とは仏・菩薩に自らの身命をもって帰依するとか、仏・菩薩の命令に従うことなどを意味している。頂礼とは仏・菩薩の足を自らの頂上に頂き、礼拝(らいはい)、帰依するという意味である。このため、帰命頂礼とは仏・菩薩に対する特別に深い礼拝、帰依ということを意味している。また、帰命とは仏・菩薩に対する心の方面からの礼拝であり、頂礼とは身の方面からの礼拝であるともいわれている。[由木義文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の帰命頂礼の言及

【帰命】より

…サンスクリットのnamasを漢文仏典では帰命とも南無(なむ)とも訳しており,この両語は同じく〈頭を下げ敬意を示すこと〉,帰依(きえ)を意味している。したがって〈帰命頂礼(きみようちようらい)〉(額(ひたい)を地上につけて最敬礼すること)のように身体の動作と,〈至心帰命(ししんきみよう)〉(心中でひたすら帰依すること)の両面をふくんでいる。しかし,中国や日本の仏教においては帰と命にそれぞれ独立の意味を与えて,帰は〈かえる,したがう〉などの意に,命は〈寿命,教命(きようみよう)〉などの意に解釈し,〈仏の教命(教え)にしたがうこと〉〈人間の寿命のよって起こる根源にたちかえること〉〈命をささげて信ずること〉など,各宗派においてさまざまな解釈がなされている。…

※「帰命頂礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帰命頂礼の関連キーワード五体投地雑行賽する下付け常不軽頂礼手を突く額突く願西尼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone