コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常位胎盤早期剥離(早剥) じょういたいばんそうきはくりそうはくPremature Abruption of Normally Implanted Placenta

家庭医学館の解説

じょういたいばんそうきはくりそうはく【常位胎盤早期剥離(早剥) Premature Abruption of Normally Implanted Placenta】

[どんな病気か]
 胎盤(たいばん)は、胎児(たいじ)が娩出(べんしゅつ)された後、5分ほどで子宮からはがれて娩出されます。常位胎盤早期剥離とは、前置胎盤(ぜんちたいばん)(「前置胎盤/低置胎盤」)とは異なり、胎盤の付着部位は正常なのですが、子宮口(しきゅうこう)が全開し、胎児が娩出される前に、胎盤が子宮からはがれるものをいい、部分的にはがれるものから、全部がはがれるものまであります。
 妊娠中期から後期におこることが多く、陣痛(じんつう)または月経痛のような痛みのあと、持続的な強い下腹部痛となります。間欠的な(間をおいた)痛みである陣痛と異なり、持続する強い痛みが特徴です。性器出血はほとんどみられないか、あっても少量です。ひどくなると、胎児が死亡したり、母体の血液が固まらなくなる病気であるDIC(「播種性血管内凝固症候群(DIC)」)となったりします。おなかのうえから軽く触ってもとても強い痛みを感じます。
[原因]
 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)(「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」)の母親におこることが多いといわれています。子宮内胎児死亡の後におこることもあります。胎盤の一部が子宮壁から剥離し、そこで出血がおこり、その出血が徐々に広がり、もっと広く胎盤を剥離し、最後には胎盤がすべて子宮壁から離れてしまいます。
[検査と診断]
 多くの場合、症状から診断がつきますが、疑いがあれば超音波検査を行ないます。これによって胎盤と子宮筋の間に均一な出血した部分がみられます。その他、胎児の心拍や子宮収縮の確認とともに、母親の貧血検査や血液凝固に関する検査が必要です。
[治療]
 常位胎盤早期剥離と診断がつけば、胎児の生死にかかわらず、多くの場合、ただちに帝王切開術(ていおうせっかいじゅつ)が行なわれます。また、血液が子宮の筋層内にしみこみ、止血できなければ、子宮摘出が必要となることもあります。母体の貧血やDICに対しては、輸血や、さまざまな薬の使用と、十分な観察が必要となります。
●日常生活の注意と予防
 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の母親に発生することが多い病気ですから、妊娠中の食生活などに注意し、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とならないようにすることがたいせつです。また、胎盤の付着部に強い打撲を受けたときもおこることがありますので、妊娠中の行動は控えめにする必要があります。子宮内胎児死亡とわかれば、胎児を早く娩出することが必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

常位胎盤早期剥離(早剥)の関連キーワード妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)出産前の心得と準備羊水塞栓(症)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android