コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常灯 ジョウトウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐とう〔ジヤウ‐〕【常灯】

神仏の前に絶えずともしておく灯火。みあかし。常灯明。
街路や辻などに終夜ともしておく灯火常夜灯

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうとう【常灯】

神仏の前でともす灯明。常夜灯,長明灯常明灯ともいう。経典では闇を照らすことから知恵にたとえられ,わずかな灯明を供養することにも限りない功徳があると説かれ,そこから不断の灯火をともす信仰が生まれた。著名なものに,最澄がともしたという比叡山根本中堂の〈不滅の法灯〉,高野山奥の院灯籠堂の白河上皇の〈白河灯〉や〈貧女一灯〉(持経灯ともいう),広島県宮島の〈消えずの火〉などがある。民俗学的には,祖先の霊をまつる不滅の火が転じたとも考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常灯の関連キーワード千葉県銚子市常世田町常灯明・常燈明西海国立公園常灯・常燈当て付ける仏餉・仏聖蛍光灯常灯明立石寺菅原荘平戸市山寺天灯

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android