コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幅木/脛木 ハバキ

5件 の用語解説(幅木/脛木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はば‐き【幅木/×脛木】

壁の下部の、床と接する部分に張る横木。損傷を防ぐためのもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

幅木

壁の下部の床に接する部分に取り付ける横材。足元まわりの壁の損傷や汚れの防止などのために設けられる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はばき【幅木 baseboard】

壁の下部の床と交差する部分に取り付けられる部材。壁の下部を保護するために6~12cmほどの高さで設けられ,堅木の木材,石材,タイル,金属,プラスチックなど,汚染・損傷に強い材料が用いられる。壁の施工が行われる前に取り付けられることが多く,左官仕上げの壁の場合には施工時の定規として使われる。また交差部のゆがみを隠し,直線に見せる働きをもつ。壁の施工後に納まりをよくするために取り付けられる幅木もある。壁面の上に板を重ねることにより,壁部材の収縮・狂いなどに対するにげをもち,隙間ができることを防止している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はばき【幅木】

壁の床に接する部分に張る横板。靴などで壁を傷つけるのを防ぐ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

はばき【幅木】

室内の床と接する壁の下端に帯状に取り付ける横板。床と壁のすき間をふさぎ、ものが当たる衝撃から保護する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幅木/脛木の関連キーワード仕口付け鴨居ブーム回り縁交差点膳板谷樋巾木まぐさ回り縁(廻り縁)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone