コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和義務 へいわぎむ

4件 の用語解説(平和義務の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平和義務
へいわぎむ

労働協約当事者が協約の有効期間中,争議行為を行わない義務。協約有効期間中,協約に定められた事項の変更を目的として争議行為を行わない義務を相対的平和義務,協約に定められている事項であると否とを問わず一切の争議行為を行わない義務を絶対的平和義務というが,通常,相対的平和義務をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平和義務【へいわぎむ】

労働協約の所定事項については,その有効期間中争議行為を行わないという労使双方の義務。協約所定事項以外の事項については,争議行為をすることができるという意味で,これを相対的平和義務ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へいわぎむ【平和義務】

労働協約を尊重し平和関係を乱さない義務。通常は,労働組合と使用者または使用者団体との間に締結された労働協約(以下協約という)の有効期間中において,協約当事者は協約に定められた事項の廃棄・変更を求めて争議行為を行ってはならないという法的義務を指し,これをいわゆる〈相対的平和義務〉という。これに対し,協約に定められているかいないかにかかわらず,協約期間中はあらゆる事項についていっさいの争議行為を行ってはならないという義務をとくに〈絶対的平和義務〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へいわぎむ【平和義務】

労働協約の有効期間中は、そこに定められた事項の変更を目的として争議行為を行わないという義務。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平和義務の関連キーワード労働協約所定外労働時間遵奉団体協約平和条項所定労働時間自民党憲法改正草案一般的拘束力所定労働日Honor System

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone