平準(読み)へいじゅん

精選版 日本国語大辞典「平準」の解説

へい‐じゅん【平準】

〘名〙
水準器で測って、水平にすること。平らにすること。平均。
※西洋家作雛形(1872)〈村田文夫・山田貢一郎訳〉一「但し其層々を平(ヘイジュン)し」
② 物事の均一をはかり、でこぼこをなくすこと。また、そのようにしてできた一定の水準。
※五山堂詩話(1807‐16)序「吾知平準格物之性未嘗失其本領
※随筆・梅翁随筆(1789‐1801か)五「明て御囲米といふ事は始りて、米高からんとする時は、御払米に出て、下値なる時は御買上ありて直段を上るやうにす。いわゆる平準なり」 〔史記‐平準書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「平準」の解説

【平準】へいじゆん

物価調節法。〔史記、平準書〕天下物、~(たか)ければち之れを賣り、(やす)ければ則ち之れを買ふ。(かく)の如くんば、~物、(とうよう)することを得ず。故に天下の物を(おさ)ふ。名づけて準と曰ふ。

字通「平」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android