揃う(読み)ソロウ

デジタル大辞泉の解説

そろ・う〔そろふ〕【×揃う】

[動ワ五(ハ四)]
二つ以上のものの、形・大きさなどが同じになる。「粒が―・う」「高さの―・った家並み」
整然と並ぶ。「机が一列に―・う」
全体が一つにまとまる。調和する。「足並みが―・う」「合唱の声が―・う」
必要なもの、あるべきものが集まる。欠けたところなく備わる。「条件が―・う」「資料が―・う」「走、攻、守の三拍子が―・った選手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そろう【揃う】

( 動五[四] )
二つ以上のものの形・程度などが同じになる。等しい状態になる。 「背丈が-・う」 「つぶが-・う」 「 - ・ったユニフォームを着る」
二つ以上のものが一致する。 「調子が-・う」 「足並みが-・う」
必要なものが全部ととのう。 「材料がまだ-・わない」 「顔ぶれが-・う」 「全員-・った」
一つにまとまる。 「心ガ-・ワヌ/日葡」 〔「揃える」に対する自動詞〕
( 動下二 )
[句項目] 揃いも揃って

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揃うの関連情報