平準法(読み)へいじゅんほう

デジタル大辞泉の解説

へいじゅん‐ほう〔‐ハフ〕【平準法】

中国、武帝が前110年に施行した物価調整政策。豊年に政府が物資を購入して貯え、凶年の時に放出して物価の安定を図ろうとしたもの。商業に対する国家統制として反対が多く、昭帝の時に廃止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へいじゅんほう【平準法 píng zhǔn fǎ】

中国,古代の財政策。前漢の前110年(武帝の元封1),桑弘羊の指導下に大司農平準令の官を設け,数年来施行していた均輸法により官に収納された貨物を全国的に統一管理し,価格の変動を見て騰貴時に売り低落時に買い入れ,価格差を利潤として国庫に吸い上げた。前代の《管子》の軽重法や李悝(りかい)の平糴(へいてき)法につらなり,後の王莽(おうもう)の五均六筦や歴代の常平法に受け継がれた。本来大商人の中間搾取から農民を守り,物価を安定させ,併せて国庫収入を増そうとした施策であったが,担当官吏の営利手段化するのを免れなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へいじゅんほう【平準法】

中国、前漢の武帝がとった経済政策の一。国家が商業を統制し、物価の低い時に購入、高い時に放出して時間的な物価平均と財政難の打開を目的とした。 → 均輸法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平準法
へいじゅんほう

中国、前漢の武帝時代に均輸法とともに実施された経済財政政策。その立案者は桑弘羊(そうこうよう)で、紀元前110年から実施された。平準とは物価を平均することを意味し、国家財政を担当する大司農(だいしのう)に平準令(へいじゅんれい)という官を置き、首都に平準令管理の倉庫があり、全土から均輸法によって集められた財貨を貯蔵した。そして物価が高騰するとこれを売り出し、物価が低落すれば買い入れ、これによって物価の安定を実現し、大商人の暴利を抑え、同時にこの官営商業で国庫の収入も増加させることが目的であった。平準法は塩鉄専売および均輸法とともに、武帝の財政政策の代表的なものの一つで、『史記』の財政事情の記録は「平準書」と名づけられた。[影山 剛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例