コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広神[村] ひろかみ

1件 の用語解説(広神[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひろかみ【広神[村]】

新潟県南部,北魚沼郡の村。人口9287(1995)。魚野川支流の破間(あぶるま)川が中央を南流し,河岸段丘上に集落が分布する。1955年に東岸の広瀬村と西岸の藪神村が合体して広神村となった。中心集落は只見線広瀬駅近くの和田,並柳で,六十里越(国道252号線)と山古志村へ通じる国道352号線を分岐する。古くは広瀬郷と呼ばれた破間川流域の中心地であるが,全国有数の豪雪地帯であり,主産業の農業も1戸平均の耕地は零細で,出稼ぎも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

広神[村]の関連キーワード魚沼丘陵塩沢十日町盆地妙高魚沼十日町南魚沼雲洞庵越後川口岡村貢

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone