床土(読み)とこつち

日本大百科全書(ニッポニカ)「床土」の解説

床土
とこつち

浅い木箱などの苗床に詰める土をいう。床育苗は病虫害防除と肥培管理を集約的に行うのに都合がよいため、促成栽培の野菜類や機械田植の育苗に用いられる。床土は肥沃(ひよく)で通気性と保温性に優れ、灌水(かんすい)を頻繁に行っても土が固まらず、移植に際し根毛の切れる心配の少ない軽い土がよい。腐葉土などは床土として適している。一般に床土には堆肥(たいひ)が多く施用される。最近ではもみ殻薫炭(くんたん)、ウレタンなどを使用した養液育苗法、コーティング肥料(被覆肥料)を使用した水稲の育苗箱全量基肥なども行われている。

[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「床土」の解説

とこ‐つち【床土】

〘名〙
床の間などに用いる上等の土。まさつち。
② 苗の発育に良好な条件を整えた苗床用の土。作物の種類にもよるが、一般に排水がよく、よく肥えており、病害虫のおそれのないことが要求される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「床土」の解説

とこ‐つち【床土】

床の間の壁などに使う上等の土。
苗床用の土。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「床土」の解説

とこつち【床土】

苗床(温床・冷床)で用いる土壌。温床や冷床はその深さに制限があり,根は限られた範囲にしか伸長しないので,苗の生育は床土の良否によって大きく左右される。すぐれた床土とは,病虫害のおそれがなく,通気性がよく,水分を十分に保持することのできる土壌で,移植の際に根から落ちにくいことも必要である。こうした条件を備えた床土は,普通,無病の土壌と有機物(落葉わらなど)および肥料を交互に堆積し,数回切り返し,有機物を十分に発酵,分解させて作る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android