コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

床土 トコツチ

4件 の用語解説(床土の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とこ‐つち【床土】

床の間の壁などに使う上等の土。
苗床用の土。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とこつち【床土】

苗床(温床・冷床)で用いる土壌。温床や冷床はその深さに制限があり,根は限られた範囲にしか伸長しないので,苗の生育は床土の良否によって大きく左右される。すぐれた床土とは,病虫害のおそれがなく,通気性がよく,水分を十分に保持することのできる土壌で,移植の際に根から落ちにくいことも必要である。こうした条件を備えた床土は,普通,無病の土壌と有機物(落葉やわらなど)および肥料を交互に堆積し,数回切り返し,有機物を十分に発酵,分解させて作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とこつち【床土】

苗床用の土。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

床土
とこつち

浅い木箱などの苗床に詰める土をいう。苗床育苗は病虫害防除と肥培管理を集約的に行うのに都合がよいため、促成栽培の野菜類や機械田植の育苗に用いられる。床土は肥沃(ひよく)で通気性と保温性に優れ、灌水(かんすい)を頻繁に行っても土が固まらず、移植に際し根毛の切れる心配の少ない軽い土がよい。腐葉土などは床土として適している。一般に床土には堆肥(たいひ)が多く施用される。最近ではもみ殻薫炭(くんたん)、ウレタンなどを使用した養液育苗法、コーティング肥料(被覆肥料)を使用した水稲の育苗箱全量基肥なども行われている。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

床土の関連キーワード温床冷床電熱温床応用土壌学グライポドゾル土壌ケイサイクル土壌シフティング土壌ショット土壌多元土壌沼地土壌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

床土の関連情報