延暦寺焼打ち(読み)えんりゃくじやきうち

旺文社日本史事典 三訂版の解説

延暦寺焼打ち
えんりゃくじやきうち

1571年,織田信長が行った延暦寺焼打ち事件
武田氏と結び,浅井・朝倉両氏の援助をうけ信長に反抗した比叡山延暦寺に対し,信長はその攻略を決意し,1571年10月山麓の坂本から火を放ち,堂塔すべてを焼き払い,僧俗男女3,4千人を殺害した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる