コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建ぺい(蔽)率 けんぺいりつ

1件 の用語解説(建ぺい(蔽)率の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

建ぺい(蔽)率【けんぺいりつ】

建築面積の敷地面積に対する比率。建築基準法で,建物の火災,地震などへの保安や衛生環境の保持のため,敷地内に必要最小限の空地を設ける規則がある。建ぺい率は,第1種・第2種の低層ないし中高層住居専用地域または工業専用地域内では3/10〜6/10以内,第1種・第2種住居地域準住居地域準工業地域工業地域内では6/10以内,近隣商業地域商業地域内では8/10以内,用途地域の指定のない区域内では原則として7/10以内。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

建ぺい(蔽)率の関連キーワード建蔽率容積率建坪延べ面積建ぺい率延べ床面積公法上の規制可住地宅地等比率耕地率林野率

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone