コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建州衛 けんしゅうえいJian-zhou-wei; Chien-chou-wei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建州衛
けんしゅうえい
Jian-zhou-wei; Chien-chou-wei

中国,明が東北満州に位置した建州女直を招撫した際に設置した衛。 15世紀初めの永楽帝初期にまず招撫に応じたカルカ (火児阿) 部をもって建州衛を設立。まもなく斡朶里部も招撫に応じたので建州左衛を増設。その後モンゴルの進出や朝鮮との抗争などによる動揺が続き,15世紀中期に近い正統年間 (1436~49) には建州左衛が分裂し,建州右衛が新設され,建州三衛となる。明末に解体再編されて五部となり,ヌルハチ (奴児哈赤) により統合。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建州衛
けんしゅうえい

中国、明(みん)朝が建州女直(じょちょく)(女真(じょしん))を支配するために設立した衛(軍衛)。明朝は東部満州(中国東北部)に住んでいた女直族を支配するため、中国本土に倣って部族単位に衛所(えいしょ)制度を実施した。その部族は、吉林(きつりん)近辺に建州衛、建州左衛、建州右衛、毛憐(もうりん)衛の各衛に分けられた。これらの衛に所属する満州部族は建州女直と称され、海西(かいせい)女直、野人(やじん)女直とともに三大女直と称された。
 満州諸部族は各衛を単位に自治を営み、明朝は都指揮使(としきし)の支配下に衛を通じて統治した。衛の長官である指揮使や千戸、百戸などは朝貢貿易の権利を保護するものであったが、やがて建州三衛はこの権利をめぐって内乱が起きた。16世紀末になって建州左衛出身のヌルハチ(清(しん)の太祖)は建州三衛の統合に成功し、これを基礎に後金(こうきん)国、清朝へと発展した。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の建州衛の言及

【明】より

…靖難の変の内戦中に,北方ではモンゴルの勢力が回復したので,まず親征してこれを討ち,結局死ぬまで5回の遠征を試みた。東北にも意を用い,建州衛を設けて女真族を羈縻(きび)し,黒竜江下流に奴児干(ぬるがん)都司を設けた。南方ではベトナムの混乱に乗じて出兵し,安南布政司を設けて直接支配下に置いたほか,宦官(かんがん)鄭和に大船団を率いさせ,南海からインド洋,さらに東アフリカに達する大遠征を行わせた。…

※「建州衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建州衛の関連キーワードシュルガチ(速児哈赤)毛憐衛李満住

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android