コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁天温泉 べんてんおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁天温泉
べんてんおんせん

千葉県南西部,房総半島西側の浦賀水道に面する温泉。南房総市の北西端にある。大正時代に開湯し,近在の住民の保養の場として利用されてきた。泉質硫黄泉泉温は 16℃。湯の色が朝は緑色,昼は乳白色,午後は灰色,夜は透明と,時間によって変化する。皮膚病神経痛効能があるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弁天温泉
べんてんおんせん

栃木県北部、那須(なす)郡那須町にある那須温泉郷の一湯。那須五岳の南東斜面、那須高原線(ボルケーノハイウェー)からすこし下った苦戸(にがと)川上流の谷間に位置する。泉質は単純温泉。湯量は豊富で温泉プールもある。JR那須塩原駅と黒磯(くろいそ)駅からバスが通じる。[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

弁天温泉の関連キーワード千葉県南房総市

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android