コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破子 わりご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

破子
わりご

破籠とも書く。弁当箱の一種。ヒノキなどの白木折り箱のようにつくり,中に仕切りをつけ,飯とおかずを盛って,ほぼ同じ形のふたをして携行した。古くは携行食には (かれいい) ,すなわち干した飯を用い,その容器を餉器 (かれいけ) といったが,『和漢三才図会』には「わり子は和名加礼比計 (かれいけ) ,今は破子という」とある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

破子【わりご】

破籠とも書く。食物を入れて携行する容器。ヒノキの白木の薄板を折り,円形四角扇形などにつくり,中に仕切をつけ蓋をする。平安時代におもに公家の携行食器として始まったが,次第に一般的になり,曲物(まげもの)による〈わっぱ〉や〈めんぱ〉などの弁当箱に発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

わりご【破子/破籠】

檜(ひのき)などの薄板を曲げて、四角、扇形、円形などさまざまな形に作り、かぶせぶたをした、中に仕切りのある容器。弁当箱に用いた。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

破子
わりご

弁当容器の一種。破籠とも書く。古く食物を入れて携行した容器で、いまの折り箱のようにヒノキの薄い白木を折って、円形、三角形、四角形、扇形などさまざまな形につくり、内部をいくつかに仕切り、かぶせ蓋(ぶた)にした粗製のもので、その日限りに使い捨てたという。後世は、弁当容器としてメンツウ、メンパ、ワッパなどとよばれるヒノキの曲物(まげもの)をサクラの樹皮で留めたものや、メシゴウリなどとよばれるタケ、ヤナギの行李(こうり)が用いられ、これらを両手に持って開いたとき、蓋と身(み)がほぼ同形で二つに破(わ)った格好になるので、これを破子ともよんでいる。[宮本瑞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

破子の関連キーワード破子(破籠)鬚籠・鬚篭わりご弁当椿餅・椿餠細工経営風流

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android