コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破子 わりご

4件 の用語解説(破子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

破子
わりご

破籠とも書く。弁当箱の一種。ヒノキなどの白木を折り箱のようにつくり,中に仕切りをつけ,飯とおかずを盛って,ほぼ同じ形のふたをして携行した。古くは携行食には餉 (かれいい) ,すなわち干した飯を用い,その容器を餉器 (かれいけ) といったが,『和漢三才図会』には「わり子は和名加礼比計 (かれいけ) ,今は破子という」とある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

破子【わりご】

破籠とも書く。食物を入れて携行する容器。ヒノキの白木の薄板を折り,円形,四角,扇形などにつくり,中に仕切をつけ蓋をする。平安時代におもに公家の携行食器として始まったが,次第に一般的になり,曲物(まげもの)による〈わっぱ〉や〈めんぱ〉などの弁当箱に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食器・調理器具がわかる辞典の解説

わりご【破子/破籠】

檜(ひのき)などの薄板を曲げて、四角、扇形、円形などさまざまな形に作り、かぶせぶたをした、中に仕切りのある容器。弁当箱に用いた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

破子
わりご

弁当容器の一種。破籠とも書く。古く食物を入れて携行した容器で、いまの折り箱のようにヒノキの薄い白木を折って、円形、三角形四角形、扇形などさまざまな形につくり、内部をいくつかに仕切り、かぶせ蓋(ぶた)にした粗製のもので、その日限りに使い捨てたという。後世は、弁当容器としてメンツウ、メンパ、ワッパなどとよばれるヒノキの曲物(まげもの)をサクラの樹皮で留めたものや、メシゴウリなどとよばれるタケ、ヤナギの行李(こうり)が用いられ、これらを両手に持って開いたとき、蓋と身(み)がほぼ同形で二つに破(わ)った格好になるので、これを破子ともよんでいる。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破子の関連キーワードエスケープキー曲げ物どか弁日の丸弁当弁当箱破り子飯ごう折り弁当行李打ち菓子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

破子の関連情報