コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引用の音楽 いんようのおんがく

1件 の用語解説(引用の音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引用の音楽
いんようのおんがく

音楽的引用ともいう。主として 1960年代後半から作曲家たちが意図的に用い始めた手法で,過去の作曲家の音楽作品の一部を,そのまま,あるいは多少変更して自作に用いることを意味する。グレゴリオ聖歌を用いた中世のオルガヌムモテトルネサンス期のパロディ・ミサ,あるいは他人の主題による変奏曲,標題を補強するための国歌や他人の作品の引用など,西洋音楽においては過去にも多く引用が用いられたが,60年以降の引用は,出典作品が担っていた意味論上の意図をあまりくまず,また変奏もされず,場合によってはさまざまな引用を同時に行なってコラージュのような切り張り的効果を狙っているという点で,特殊なものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引用の音楽の関連キーワードアリア地歌享楽的こく主として力餅ピノサイトーシス野平 一郎標題音楽的手法Citation

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone