コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乎古止点 おことてん

4件 の用語解説(乎古止点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乎古止点
おことてん

漢文の読み方を示すために,漢字の四隅,中央,外側などに書きつけた符号。それぞれの方式ごとにその形と位置によって一定の読み方が決っている。「乎己止点」「遠古登点」とも書き,単に「点」ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おこと‐てん〔をこと‐〕【×乎古止点】

をことてん

をこと‐てん【×乎古止点】

古く漢文訓読の際、漢字の読み方を示すために漢字の字面の四隅・上下・中央などに記入した符号。胡粉(ごふん)または朱で記した。平安初期に始まり、室町時代ごろまで行われた。仏家・儒家、またはその流派により種々の相違があった。儒家の代表的な点図の右上の二点が、「を」「こと」にあたるところからの称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乎古止点
おことてん

漢文を訓読する際に、読み方を示すために、胡粉(ごふん)・朱・墨などで記入した・ | ― / \ 「 」 > = +などの符号。ヲコト点とも書く。乎古止点、乎己止点、遠古登点などはいずれも当て字。古くは単に点とよんだ。符号の形と記入する位置(漢字の四隅・中央など)によって読み方が決定される。乎古止点の方式には種々のものがあり、仏家(学僧)と博士家(はかせけ)(大学寮の儒学者)とでは形式を異にし、それぞれのなかでも宗派・流派によって違った方式(点法)を用いた。これらを集めて図示したものが「点図集」である。中田祝夫(のりお)は点図集所載の点法を八つのグループに大別し、第一群点から第八群点までとした。この分類は現在広く行われている。各群点に所属するおもな点法の名称をあげれば、第一群点――西墓(にしはか)点、第二群点――喜多院(きたのいん)点、第三群点――東大寺三論宗(さんろんしゅう)点、第四群点――天仁波流(てにはる)点、第五群点――円堂点・紀伝点・明経(みょうぎょう)点、第六群点――叡山(えいざん)点、第七群点――宝幢院(ほうどういん)点、第八群点――順暁和尚(じゅんぎょうわじょう)点、となる。乎古止点は、平安時代の初期(800ころ)に奈良の学僧によって考案されたらしい。当初は漢字漢文の読みを手早く書き入れるための実用的なものであったが、中世に入ると自説を他の流派に知られぬための秘密の符号と考えられたこともあった。平安時代には、仮名とともに漢文の訓点の記入に盛んに使用された乎古止点も、鎌倉時代に入るとしだいに衰え、江戸時代には一部を除いてほとんど用いられなくなった。[月本雅幸]
『中田祝夫著『古点本の国語学的研究 総論篇』(1954・講談社) ▽築島裕著『平安時代語新論』(1969・東京大学出版会) ▽築島裕著『古代日本語発掘』(1970・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乎古止点の関連キーワード訓読文選読み雁点漢文訓読字訓振仮名読癖振り仮名歯に衣[ころも]を着せぬ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone