コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当帰建中湯 とうきけんちゅうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

とうきけんちゅうとう【当帰建中湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)桂皮(けいひ)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)膠飴(こうい)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。月経痛下腹部痛痔(じ)脱肛(だっこう)などに用い、疲れやすい、冷え症、といった症状がともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の弱い人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android