当帰建中湯(読み)とうきけんちゅうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

とうきけんちゅうとう【当帰建中湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)桂皮(けいひ)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)膠飴(こうい)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。月経痛下腹部痛痔(じ)脱肛(だっこう)などに用い、疲れやすい、冷え症、といった症状がともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の弱い人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android