コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当帰芍薬散 とうきしゃくやくさん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

とうきしゃくやくさん【当帰芍薬散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰芍薬蒼朮(そうじゅつ)沢瀉(たくしゃ)茯苓(ぶくりょう)川芎(せんきゅう)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。月経異常不眠症冷え症腹痛腰痛頭痛めまい低血圧貧血痔(じ)アレルギー性鼻炎などに用い、朝に顔や手足が腫(は)れぼったい、腹の緊張が弱い、手足の先が冷えるといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。色白で痩(や)せ型、比較的体力の弱い人がおもな対象。服用して胃腸障害があれば不適。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

漢方薬のひとつ。冷え性、貧血などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

当帰芍薬散の関連キーワード卵巣機能不全(卵巣機能低下症)月経困難症通経剤トウキ不妊症手足

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android