茘枝(読み)れいし

精選版 日本国語大辞典「茘枝」の解説

れい‐し【茘枝】

〘名〙
ムクロジ科の常緑高木。中国南部原産で、中国広東地方や台湾では果樹として栽植される。高さ一五メートルに達するものもある。葉は羽状複葉で二~四対の披針形の小葉からなる。雌雄異株。春、枝先に花弁のない小花が円錐状につく。果実は径約三センチメートルの球形で、表面に鱗(うろこ)状の突起が多く、赤く熟する。果肉は黄色で芳香があり、甘味と水分に富む。漢名、茘枝。ライチー。〔異制庭訓往来(14C中)〕 〔左思‐蜀都賦〕
② 植物「つるれいし(蔓茘枝)」の異名。《季・秋》 〔俳諧・誹諧通俗志(1716)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「茘枝」の解説

れい‐し【×茘枝】

ムクロジ科の常緑小高木。葉は羽状複葉。枝先に、花びらのない黄色の小花を円錐状につける。果実は直径3センチほどの卵球形で、うろこ状の赤い皮に覆われる。果肉は白いゼリー状で芳香があり、生食する。中国南部の原産。ライチー。
ツルレイシの別名。 秋》「―熟れ萩咲き時は過ぎゆくも/楸邨
レイシガイの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「茘枝」の解説

茘枝 (レイシ・リチイ)

学名Litchi chinensis
植物。ムクロジ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

茘枝 (レイシ)

植物。ウリ科の一年生つる植物,園芸植物,薬用植物。ツルレイシの別称

茘枝 (レイシ)

動物アクキガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android