役丁(読み)エキチョウ

大辞林 第三版の解説

えきちょう【役丁】

律令制で、公の労役に服するため、諸国から徴集されて上京した成年の男子。仕丁。

えきてい【役丁】

労役をさせる壮丁。人夫。人足。
駅子えきし」に同じ。

えよほろ【役丁】

公用の課役に従事する二一歳から六〇歳までの男子。えきてい。 「白鳥の陵守等を差して-に充てつ/日本書紀 仁徳訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android