役屋敷(読み)ヤクヤシキ

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐やしき【役屋敷】

〘名〙 江戸幕府の特定の役職についた者に与えられた居邸、あるいは執務役所。また、役人の詰所をいう。老中・若年寄は西丸下やその付近に居邸を移された。町奉行は御番所、勘定奉行は御役所、郡代・代官は御用屋敷、定火消は御役屋敷で執務する。役宅。役屋。
※御触書寛保集成‐三八・享保四年(1719)八月「役屋敷なとへ引越罷在者、拝領屋敷を他え借し置候儀は不苦候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の役屋敷の言及

【武家屋敷】より

…中屋敷,下屋敷は願い出て入手する屋敷で,抱屋敷は陪臣や奉公人を住まわすための屋敷である。そのほか,幕閣の役向きによって使用できる役屋敷があった。各藩の城下でも江戸と似通った構成を取っていたものと考えられる。…

※「役屋敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android