彼の世(読み)かのよ

精選版 日本国語大辞典「彼の世」の解説

かの【彼の】 世(よ)

あの世来世(らいせ)。死後の世界。
蜻蛉(974頃)中「風だにも思はぬかたによせざらばこの世の事はかのよにもみん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彼の世」の解説

か‐の‐よ【彼の世】

あの世。来世。
「―にさへ(極楽往生ヲ)妨げ聞こゆらむ罪のほどを」〈・総角〉

あの‐よ【彼の世】

死んでから行くという世界。冥途めいど。来世。⇔の世
[類語]煉獄地獄奈落後の世後世後生来世冥土冥府冥界幽冥幽界黄泉よみ黄泉こうせん霊界草葉の陰泉下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android