コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼の世 アノヨ

デジタル大辞泉の解説

あの‐よ【彼の世】

死んでから行くという世界。冥途(めいど)。来世。⇔此(こ)の世

か‐の‐よ【彼の世】

あの世。来世。
「―にさへ(極楽往生ヲ)妨げ聞こゆらむ罪のほどを」〈・総角〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あのよ【彼の世】

死者の行くとされる世界。来世。 ↔ この世

かのよ【彼の世】

死後の世界。あの世。のちの世。 「この世のことは-にも見む/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

彼の世の関連キーワードデュプレ(Jules Dupré)調書(ル・クレジオの小説)サルティコフ・シチェドリン加藤あきら(GABU)ショーペンハウアーフロローフスキーウィルヘルム2世ビベーカーナンダ世界システム論多かれ少なかれレンブラントピンチョンクローデル志賀 暁子吉野秀雄ケッペン松平定信フロイスマダーチあの世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android