泉下(読み)せんか

精選版 日本国語大辞典「泉下」の解説

せん‐か【泉下】

〘名〙 黄泉(こうせん)の下。死後、人の行くというところ。あの世。よみじ。冥途(めいど)
※和漢朗詠(1018頃)下「長夜に君先づ去りんたり 残んの年我れ幾何(いくばく)ぞ 秋の風に襟(きぬのくび)涙に満つ 下に故人多し〈白居易〉」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)一「師直をほろぼし、君が泉下(センカ)の御恨をはらすべし」 〔新書‐李景譲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「泉下」の解説

せん‐か【泉下】

黄泉こうせんの下。死後の世界。あの世。
[類語]煉獄地獄奈落の世のちの世後世ごせ後生ごしょう来世冥土冥府冥界幽冥幽界黄泉こうせん黄泉よみ霊界草葉の陰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「泉下」の解説

【泉下】せんか

黄泉。死後の世界。唐・熊孺登〔寒食野望〕 冢頭種(う)うること(なか)れ、るのを 春色は泉下の人に關せず

字通「泉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android