草葉の陰(読み)くさばのかげ

精選版 日本国語大辞典「草葉の陰」の解説

くさば【草葉】 の 陰(かげ)

① 草の葉。くさかげ
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「のゆかりも無しや武蔵野のくさばのかげと寄る宿も無し」
② (草の葉の下のから) の下。あの世黄泉草の陰
御伽草子天狗内裏室町時代物語大成所収)(室町末)「御身は、くさはのかけにて、まもりの神と、ならせたまいて」
[語誌]これに先行して「草の陰」が軍記物で慣用的に使われた。「草葉の陰」は室町時代の後半まで下がり、御伽草子、狂言、説経などの会話文に多く見える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「草葉の陰」の解説

くさば‐の‐かげ【草葉の陰】

《草の葉の下の意から》墓の下。あの世。「草葉の陰から見守る」
[類語]煉獄地獄奈落の世のちの世後世ごせ後生ごしょう来世冥土冥府冥界幽冥幽界黄泉こうせん黄泉よみ霊界泉下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android