コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後深草院二条 ごふかくさいんにじょう

4件 の用語解説(後深草院二条の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後深草院二条
ごふかくさいんにじょう

[生]正嘉2(1258).京都
[没]徳治1(1306)以後
鎌倉時代後期の後宮女房。『とはずがたり』の作者。父は大納言久我 (中院) 雅忠,母は四条隆親の娘大納言典侍後深草天皇に養われ,長じてその女房となり,寵愛された。また,西園寺実兼その他とも交渉をもった。のち宮仕えを辞し,東国,四国,中国地方などに旅をした。『とはずがたり』はその自伝的作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

後深草院二条【ごふかくさいんのにじょう】

鎌倉後期の日記文学とはずがたり》の作者。父は中宮大納言源雅忠,母は四条大納言藤原隆親の女(むすめ)近子。後深草院に仕えて二条と呼ばれ,寵愛を受けたが,一方で西園寺実兼,関白鷹司兼平,院弟の性助法親王らと関係を持ち,亀山天皇とも噂を立てられるなど,恋多き女性であった。
→関連項目問はず語り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後深草院二条 ごふかくさいんの-にじょう

1258-? 鎌倉時代の日記文学作者。
正嘉(しょうか)2年生まれ。父は源雅忠,母は四条隆親(たかちか)の娘近子。後深草上皇につかえ,女房となる。正応(しょうおう)元年出家し,翌年から諸国を遊歴。生涯を回想した「とはずがたり」には,当時の宮廷生活や旅の思い出などがえがかれている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後深草院二条

没年:徳治1以後(1306)
生年:正嘉2(1258)
鎌倉時代の日記文学作者。二条とも。大納言源雅忠と後嵯峨院大納言典侍(四条隆親の娘)の子。2歳で母を亡くし,4歳から後深草上皇の御所で育ち,14歳の年,上皇の寵愛を受けるが,15歳で父に先立たれ,生んだ皇子の夭折に遭う。幼なじみの西園寺実兼に言い寄られ,ひそかに契り秘密裡に出産。仁和寺御室(11代)の性助法親王(一説に10代御室の法助法親王)にも恋を告白され,上皇の許しにより逢瀬を持ったが,法親王は病没,その後御所を退いた。31歳ごろ出家し,西行に倣って鎌倉,伊勢,奈良,厳島,坂出などへ修行の旅に出る。旅先で上皇(のち法皇)と再会して旧交を温めあったが,やがてその死に遭い,三回忌までを迎えたことが自伝『とはずがたり』にある。この自伝全5巻の前3巻には華やかな後宮生活と愛欲の苦悩が,後2巻には出家後の修行生活が回想される。特異な体験が興味をひくが,それだけでなく,構成,文体ともにすぐれ,一貫する人生史を構築したところが高く評価されよう。<参考文献>松本寧至『とはずがたりの研究』

(三角洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の後深草院二条の言及

【問はず語り】より

…5巻。著者は後深草院二条(ごふかくさいんのにじよう)で,久我雅忠の女。巻一~三は,著者14歳の1271年(文永8)から28歳までの宮廷生活の回顧で,巻四,五は,出家の後,32歳の1289年(正応2)から始まる諸国行脚の紀行を記し,1306年(徳治1)後深草院三回忌で筆をおく。…

※「後深草院二条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

後深草院二条の関連キーワードアラブ文学アッバース朝西アジア史アラビア書道イルハン国オスマン興国寺バグダッド旭烈兀妙源寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone